トーンオントーン配色

出典: 閾ペディアことのは

2007年6月24日 (日) 01:12時点における 松永英明 (会話 | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

トーンオントーン配色は、ドミナントカラー配色の一種。

「トーンを重ねる」という意味で、同系色相でまとめる配色。一般的には「同系色相の濃淡配色」と呼ばれる。

基本は明度差を比較的大きく取った同一色相配色だが、類似色相まで関係を取ることができる。

2~3色のトーンオントーン配色では、明度差のあるナチュラルハーモニーにすると、親近感のある配色となる。

多色のときは明度グラデーション効果ともなり、絵画技法のキアロスクーロ(無彩色や同一色相による明暗階調表現)とも同類。

明度差が少なくても、明清色・暗清色のグラデーションもこの一種となる。

関連:配色技法ドミナントカラー配色トーンイントーン配色


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加