ペパーミント

出典: 閾ペディアことのは

2007年8月27日 (月) 01:21時点における 松永英明 (会話 | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

ペパーミント精油(エッセンシャルオイル)の一種。アロマテラピー検定2級出題範囲。

目次

基本情報

特徴

ハッカ。

清涼感のあるさわやかな香りで、気分をリフレッシュさせ、頭をすっきりさせる。

精神疲労や眠気をとる。

乗り物酔いや時差ぼけのときはハンカチに精油をつけて香りを吸入するとよい。

吐き気、頭痛、花粉症、鼻づまりに用いられる。胃腸系の不調にも効果がある。

注意

皮膚刺激を引き起こすことがあるので、1%以下の低濃度から始めること。

ショップリンク

img10161187366.jpeg

精油一覧

イランイラン - オレンジ・スイート - ジュニパー - ゼラニウム - ティートリー - ペパーミント - ユーカリ - ラベンダー - レモン - ローズマリー
2級で出題される精油に加えて
カモミール・ローマン - クラリセージ - グレープフルーツ - サンダルウッド - スイートマージョラム - ネロリ - フランキンセンス(オリバナム/乳香) - ベルガモット - レモングラス - ローズオットー
2級・1級で出題される精油に加えて
カモミール・ジャーマン - サイプレス - ジャスミンアブソリュート - パチュリ - ブラックペッパー - ベチバー - ベンゾイン(安息香) - ミルラ(マー/没薬) - メリッサ(レモンバーム) - ローズアブソリュート
  • 種類別分類
科名 - 抽出部位 - 抽出方法 - ティスランドの分類

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加