モノテルペンアルコール類

出典: 閾ペディアことのは

2007年8月25日 (土) 14:46時点における 松永英明 (会話 | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

モノテルペンアルコール類は精油成分の一種。

目次

化学的特徴

鎖状炭素骨格の炭素原子に水酸基-OHがついたもの。

語尾に「オール」がつく。

モノテルペンアルコールは、10個の炭素分子(C10)をもつ鎖状炭素骨格に水酸基-OHが結合。

作用

  • 殺菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用。
  • 強壮作用、免疫力向上作用。
  • フェノール類と似ているが、皮膚刺激や毒性がなく、おだやかに作用する。

詳細

ゲラニオール

シトロネロール

テルピネン-4-オール

ネロール

メントール

ラバンジュロール

  • ラベンダーの特徴成分
  • 抗菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用、免疫調節作用

リナロール

精油成分


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加