ターゲット層区分

出典: 閾ペディアことのは

F1、M1といったターゲット層の区分は、もともとビデオリサーチ社の社内用語として使われていたものが、2005年ごろから一般のマーケティングにおいても使われるようになっている。

  • C層(Child)男女4歳~12歳
  • T層(Teenager)男女13歳~19歳
  • F1層(Female-1)20歳~34歳の女性
  • F2層(Female-2)35歳~49歳の女性
  • F3層(Female-3)50歳以上の女性
  • M1層(Male-1)20歳~34歳の男性
  • M2層(Male-2)35歳~49歳の男性
  • M3層(Male-3)50歳以上の男性

ビデオリサーチ社の用語としては、テレビ広告において必要とされるおおざっぱな年齢・性別区分として作られたものであり、マーケティング用語として作られたものではない。そのため、「このテレビドラマはF1層をターゲットにしたものであり」云々といった説明は妥当であるが、マーケティングにおけるターゲット分析としてはやや広すぎる分類となる。実際のマーケティングにおいてこの8区分では足りない。年齢幅をさらに細かく設定する必要もあり、また趣味・嗜好・関心・行動様式などにおける詳細な分析も必要となろう。


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加