OXOタワー

出典: 閾ペディアことのは

OXOタワーオクソタワーOXO Tower)はロンドンのテムズ川に面して建てられた建物。

19世紀末、この建物はもともと郵便局のための発電所として建設された。その後、この建物はリービヒ肉エキス会社(the Liebig Extract of Meat Company)に取得された。この会社はオクソ・ビーフ固形スープの素(Oxo beef stock cubes)を製造しており、建物はその冷凍倉庫となった。

この建物は1928年から29年の間に、建築家アルバート・ムーアによってアールデコ・デザインで再建された。リービヒは商品名の記号をタワーに表示させることを望んだ。景観の問題で広告許可は降りなかったが、タワーの四面には、3つの窓が縦に並べられ、それぞれが「たまたま」○×○の形をしていた。

関連


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加