ネット十大神獣

出典: 閾ペディアことのは

十大神獣(十大神兽)は、中国ネットユーザーによる悪ふざけで作られた、実在しない十種の動物である。“草泥马”“法克鱿”“雅蠛蝶”“菊花蚕”の四大神獣に加えて、“尾申鲸”“潜烈蟹”“吉跋猫”“吟稻雁”“达菲鸡”“鹑鸽”が該当する。そのほとんどが、中国インターネットで排除される「下品な言葉」に似た音(諧音)の文字で動物名に見立てたものであり、中国共産党政府当局の言葉狩りに対する皮肉・反感を示した言葉遊びである。

目次

展開

2009年、中国政府は「インターネットの低俗な風習を整備する特定項目行動(整治互联网低俗之风专项行动)」を開始し、「低俗」な内容のウェブサイトを大量に閉鎖・停止させた。しかし、それでも下品ならざるウェブサイトも閉鎖を強制執行された。それには「牛博網」も含まれる。

この行動は、ネット公衆の言論の自由に悪影響があると考えられ、一部のインターネットユーザーの不満を引き起こした。

この「行動」の後、2009年1月、百度百科にネットユーザーの虚構の動物項目「草泥馬」が出現した。その他数種の上品ならざる同音命名の動物が紹介され、ネットユーザーたちはそれを「四大神獣」と呼んだ。それは「十大神獣」に発展した。

草泥馬という言葉は百度では禁止され、項目を作成しても削除される。しかしYoutubeなどの動画サイトではネットユーザーたちの作った「マラゴビ砂漠の草泥馬」「草泥馬の歌」などの悪ふざけ投稿が見られる。「十大神獣」はネットで素早く広がった伝播現象の一つである。

草泥馬などの十大神獣が生まれた後、ネットユーザーたちはさらに多くのネット悪ふざけ用語を作り出したが、その題材は動物だけにとどまらず、植物・機械などにも広がった。いずれもすべて類似音の原則に従っている。

その他、新しくつくられたこれらの悪ふざけ単語は、下品用語以外も題材とするようになった。たとえば、「鸛狸猿」(管理員=ネット管理人)、「毒豺」(独裁)、「欺実馬」(70ヤード)などである。その影響力は「草泥馬」には及ばないが、この事件に関心を持つ人たちにはよく使われている。

香港・台湾や海外メディアはこれに高い関心を示した。ニューヨーク・タイムズは「草泥馬」事件についての報道を行なった。「草泥馬」事件は中国ネットユーザー対中国大陸ネットワーク審査制度を風刺して昇華したものであり、「草泥馬」を反独裁の小精霊とみなしている。

十大神獣

四大神獣

  • 草泥马(草泥馬/ツァオニーマ):「肏你媽」の諧音。台湾の「幹你娘」、広東語の「屌你老母」、英語の「fuck your mother」と同じ意味。草泥馬は「马勒戈壁(馬勒戈壁/マラゴビ=卑俗語で「ママの膣」の諧音)」砂漠に住む。草泥馬には「沃草泥马/卧草泥马(沃草泥馬/臥草泥馬=我肏你妈(私がお前のママとヤる)」と「狂草泥马(狂草泥馬=狂肏你妈(激しくお前のママとヤる))」がおり、その中でも「狂草泥馬」が草泥馬の王である。草泥馬はマラゴビ砂漠における主要動物であるため、マラゴビ砂漠は「草泥马戈壁(ツァオニーマゴビ)」とも呼ばれる。草泥馬は苦しい環境を克服し、「沃草/臥草」(「私は使う」)を食べ、聡明・頑強な動物である。しかし、草泥馬の生存環境は「河蟹」(「調和がとれている」)の脅威にさらされている。草泥馬たちは地道に生き、奮闘して、いつか「河蟹」を打ち負かして臥草を奪回したいと願っている。「百度十大神獣の筆頭。神秘的で美しいマラゴビ・チャオニー族自治区に分布。哀しみと怨みを含んだ目を有する神」
  • 法克鱿(法克鱅/ファークーヨウ):英語「Fuck you」の諧音。「肏你」と同義。鱅はスルメイカ。「百度神獣の一。遙か遠くの「小比洋」に分布。種々の原因により、マラゴビの浅い水中にもやってきた」
  • 雅蠛蝶(雅蠛蝶/ヤーミエティエ):日本語の「やめて」の諧音。通常、AVなどで女性の台詞に出てくる。「百度神獣で最も美しい生物。「変蜜」を食べる」
  • 菊花蚕(チューフアチャン):周杰倫(ジェイ・チョウ)の歌「菊花台」に由来する。その歌詞の中の「菊花残,满地伤」(菊の花が散りゆく 傷だらけになって)を、ネットユーザーが「菊花残,满腚伤」(菊門が散りゆく 尻じゅう傷だらけになって)と替え歌にしたのが由来。「菊花」は俗語で肛門を指すため、この文中ではアナルファックを意味することになる。「百度神獣で最も小さい生物。「菊花」のところで活動するため、この名前がつけられた」

他の6神獣

  • 尾申鲸(尾申鯨/ウェイシェンチン):「卫生巾」(衛生巾)すなわち「生理用ナプキン」の諧音。「百度神獣の一。地球上で最大の生物であり、神獣中最も大量にいる」
  • 潜烈蟹(潛烈蟹/チエンリエシエ):「前列腺」すなわち「前立腺」の諧音。「もともと法克鱅と一緒に生活していた神獣。チャオニー族の食糧不足のためにマラゴビに運ばれてきた」
  • 吉跋猫(チーパーマオ):「鸡巴毛」(雞巴毛)すなわち男性陰毛(チン毛)の諧音。「百度神獣の一。無厘頭(ナンセンス)を有することもある猫。マラゴビで最も可愛い動物」
  • 吟稻雁(インタオイエン):「阴道炎」(陰道炎)すなわち「膣炎」の諧音。「百度神獣の一。遙か遠くの「福沿街」からマラゴビに飛んできた鳥類」
  • 达菲鸡(達菲雞/ターフェイチー):「打飞机」(打飛機)すなわち「男性の自慰行為」を意味する俗語の諧音。「百度神獣の一。「鶏苑」に長年住んでおり、その後マラゴビに飛んできた」
  • 鹑鸽(鶉鴿/トゥアンコー)または春鸽(春鴿/チュンコー):「春哥(チュン兄さん)」の諧音。女性歌手・李宇春(リー・ユィチュン)を指す。成都衛星テレビ「我為歌狂」という番組で、視聴者からのアイドル応援ショートメッセージが字幕として流れるようになっているが、その中でどういうわけか「鉄血の本当のオトコ、春兄さんは男の中の男、私はただ春兄さんを支持する(铁血真汉子,春哥纯爷们,我只支持春哥)」と流れた。「百度神獣の一。「鶏苑」に長年住んでおり、その後マラゴビに飛んできた」

天敵

神獣たちの天敵も動物として描かれている。

  • 河蟹(ホーシエ):「和諧」の諧音。「和諧」は、中国共産党のスローガン「和諧社会(各階層間で調和の取れた社会)」による。中国共産党政府は和諧社会のスローガンのもと、インターネット情報を管理統制している。そのため、削除されることを「和諧された」と言うスラングができた。これを同音で書き換えたのが「河蟹」である。
  • 鹳狸猿(鸛狸猿)/冠狸猿(クアンリーユエン):「管理员(管理員=管理人)」の諧音。ネット監視員を指す。「鹑鸽」の代わりに十大神獣に含める説もある。

中国ネット十大神獣


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加