女子十二楽坊年表

出典: 閾ペディアことのは

女子十二楽坊ならびにプロデューサー王暁京についての年表。

目次

王暁京

1988年

  • 王暁京、音楽界に入る

1989年

  • 3月18日・19日 崔健の初の個人特別興行コンサートを成功させる。

1990年

  • 崔健と共同計画して、1990年北京アジア競技大会開催に賛助する崔健全国巡回コンサートを実施し、崔健の二枚目の個人アルバム「解決」に協力。

1993年

  • 女性歌手・陳琳の「あなたの優しさがわからない(你的柔情我永遠不憧)」と「ロック北京」を担当した。この二枚のアルバム発行後、当時の音楽界の権威ある雑誌「音像世界」から「1993年度国内最優秀アルバム」に選ばれる。

1994年

  • 「指南針」楽団の第一号アルバム「選択堅強」を完成。江珊のアルバム「夢里水郷」、劉海波のアルバム「人面桃花」、馮敏のアルバム「相信你也在感覚」。上記以外に、王暁京は陳紅、廖百威、東方二重唱、筠子、役者の厳暁頻などの制作にも関わり、歌手自身または歌曲を中国の各種のコンテストで受賞させた。10年間に王暁京は20枚以上のアルバムを制作・発行した。その中ではロック・アルバムや合同アルバムを含む。

1995年

  • 日本のNHKからアジアの有名人に選ばれ、「亜洲名人録」に入選する。

1996年

  • このころ、中国ポップス低迷。

1997年

  • 坂本龍一が保利劇院でピアノを演奏したとき、温金龍が立って二胡を演奏しているのが王暁京の目にとまった。後に女子十二楽坊の二胡メンバーが、通常は座って弾く二胡を立って弾くようになったのは、これがきっかけだとされている。

1999年

  • 北京で新しい民楽ブームが起こる。中国の多くの音楽家たちがロックなどの現代音楽で中国民謡をカバーしようとし、これが「新民楽運動」と呼ばれた。しかし、新民楽運動はそれほど長く続かず、ポピュラー音楽の舞台において低調となった。王暁京は、逆に現代音楽を中国伝統楽器で演奏するという発想のもと、計画を進める。

女子十二楽坊

2001年

  • 5月、王暁京が全国からメンバーを募集。
  • 6月18日、“女子十二楽坊”を結成。
  • 10月5日、北京21世紀劇院で初のワンマンライブ。

2002年

  • 2月 中央電視台の春節晩会に出演。
  • 中国全土で100回以上公演。

2003年

  • 1月7日、北京21世紀劇院(ライブ盤「奇跡」に収録)
  • 4月、CX系『めざましテレビ』にてプロモーション・ビデオOA
  • 7月24日、日本でのデビュー・アルバム「女子十二楽坊-Beautiful Energy」発売、来日
  • 8月11日、オリコン3位
  • 8月18日、オリコン1位。中国人アーティスト初の快挙。
  • 8月23日、東京・恵比寿ガーデンホールで日本初の演奏会
  • 8月24日、発売1カ月で60万枚突破
  • 9月7日、「題名のない音楽会21」に登場
  • 9月18日、通算100万枚突破
  • 9月19日・21日、広州中山記念堂で「女子十二楽坊魅力音楽会」
  • 9月27日、湖北劇院
  • 9月28日、武漢雑技庁
  • 10月1日、国慶節にあたり香港で公演
  • 11月6日、ライブアルバム+DVD「奇跡」日本版発売
  • 12月31日、日本レコード大賞、紅白歌合戦

2004年

  • 1月2日、日本武道館公演
  • 1月15-18日、香港紅館コンサート。2回公演の予定だったが好評につき4回に増えた。
  • 1月、中国軽音楽会学会賞に参加、6項目でノミネートされ、5項目で受賞。
  • 2月18-19日、日本JTBと合同で上海コンサート。
  • 2月20日、杭州市に招聘され、杭州旅行イメージキャラクターに選ばれる。
  • 3月3日、「輝煌」日本発売。
  • 3月10日、2003年度日本ゴールドディスク大賞。
  • 3月19-20日、北京展覧館劇場で「在那遥远的地方——王洛宾作品音乐会」
  • 4月1日~5月8日、女子十二楽坊2004日本ツアー奇跡、32会場で公演。
  • 6月11日~28日、シンガポール、マレーシア、台北、タイ、インドネシアで「輝煌奇跡 東南アジア巡回演奏会」
  • 7月24日、「ベストセレクション」発売。
  • 8月17日、全米デビューアルバム「Eastern Energy」発売。RIAA(全米レコード工業会)のレコード売り上げランキング4位、ウォルマート新譜売り上げ22位。ビルボード誌全米アルバムランキング62位。
  • 9月11日、JAL薬師寺音舞台に出演

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加