配色技法

出典: 閾ペディアことのは

ここでは、ヨーロッパでの伝統的・慣習的な配色方法をまとめる。

目次

色相でのまとまり・統一配色

 色相関係を同一色相でまとめることを基本とした配色方法。

 隣接から類似色相までの幅を持たせてもよい。

 色味のまとまりや統一を図る。

色調でのまとまり配色

 色調(トーン)を「同一トーン」でまとめることを基本とした配色方法。

 類似トーンまで幅を持たせてよい。

 イメージの統一が表現される効果を持つ配色の方法。

 色相関係は同一から補色まで任意にとってよい。

配色構成の色数による配色

 配色構成の色数が決まっており、さらにその配色内容として色相差やトーン差を大きく取る対照関係とし、明快な印象を持たせるもの。

色相の分割による変化の配色

 色相環の規則的な分割による配色方法。

 色相環上で色相間隔が均等に離れた関係。

 明瞭性の原理となる対照系の色相配色。


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加