アロマテラピー検定

出典: 閾ペディアことのは

アロマテラピー検定とは、社団法人日本アロマ環境協会が年2回実施する検定試験。2級と1級があるが、同日に併願受験可能である。

アロマテラピーを楽しむための知識を身につけるのが目的なので、問題の難易度はさほど高くない。受験者の一割程度が男性(目測による)。

目次

2級

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う。

1級

アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う。

合格方法

独学、または認定校・認定教室などの講座を受ける方法がある。いずれの場合でも、検定に出題される10種類(2級)または20種類(1級)の精油を日頃から実際に使って、その香りを体験的に覚えておく必要がある。逆に言えば、20種類の精油を楽しみ、親しんでいれば合格は難しくない。

講座を受けた人ならいきなり1級でもまったく問題ない。

独学の場合は、アロマテラピー検定テキストをじっくり読み込み、問題集をやっておくこと。講座では精油もついてくるので心配ないが、独学の人はアロマ入門セットを実際に買って、香りを熟知しておく必要がある。

単に検定試験に合格するだけなら独学で充分。ただし、資格を取りたい人の場合、認定講座を受けておけば、1級合格後にアロマテラピーアドバイザーになるための講習会が免除されるので、金と時間に余裕があれば講座を受ける方がおすすめ。講座自体も楽しい。

text_ph02.jpg text_ph01.jpg 21sWlGKe9dL.jpg 21clwB1OkWL.jpg 216NXC4H6JL.jpg 21WMP8KVNYL.jpg 21GSECXRVKL.jpg

31S771PGY1L.jpg 31Z619F4M7L.jpg

精油一覧

  • アロマテラピー検定2級
イランイラン - オレンジ・スイート - ジュニパー - ゼラニウム - ティートリー - ペパーミント - ユーカリ - ラベンダー - レモン - ローズマリー
  • アロマテラピー検定1級
2級で出題される精油に加えて
カモミール・ローマン - クラリセージ - グレープフルーツ - サンダルウッド - スイートマージョラム - ネロリ - フランキンセンス(オリバナム/乳香) - ベルガモット - レモングラス - ローズオットー
2級・1級で出題される精油に加えて
カモミール・ジャーマン - サイプレス - ジャスミンアブソリュート - パチュリ - ブラックペッパー - ベチバー - ベンゾイン(安息香) - ミルラ(マー/没薬) - メリッサ(レモンバーム) - ローズアブソリュート
  • 種類別分類
科名 - 抽出部位 - 抽出方法 - ティスランドの分類

1級合格後

(社)日本アロマ環境協会に入会し、アドバイザー認定講習会を受けると、アロマテラピーアドバイザーの資格を取ることができる。なお、アドバイザー資格認定校またはアドバイザー認定教室にて、所定のカリキュラムを修了することによって、認定講習会が免除になる。

関連リンク

(社)日本アロマ環境協会によるアロマテラピー関連資格


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加