精油

出典: 閾ペディアことのは

精油(エッセンシャルオイル)とは、

  • 植物の花・葉・果皮・樹皮・根・から抽出した天然の素材であり、
  • 有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である

(社団法人日本アロマ環境協会の定義)

アロマテラピーにおいて使用される。

目次

精油の特徴

  • 生命活動の中で生み出される有機化学物質である。
  • 数百種類の有機物の混合液である。
  • 精油ごとに独特の香りと機能、効用がある。
  • 天然状態よりも100倍以上濃縮されている。
  • 精油は植物油/油脂ではない。オリーブ油、アーモンド油、サフラワー油などは植物から得られた油脂だが、精油は油脂ではない。
  • 精油は植物性香料である。動物性香料、合成香料(化学香料・単離香料)とは別である。

精油の性質

  1. 芳香性……よい香りがある
  2. 脂溶性……油に溶け、水には溶けにくい。水より軽い。
  3. 揮発性……蒸発しやすい

植物における精油の存在と効果

精油は植物内の分泌線で合成され、その近くの小さな袋である油胞の中に蓄えられている。油胞の場所は植物によって異なる。

  1. 誘因効果
    香りによって昆虫や鳥を引き寄せ、受粉などを促す。チョウ、ミツバチ、鳥類など。
  2. 忌避効果
    においによって虫や鳥を遠ざけ、苦みによって節食されることを防ぐ。カビや有害菌の発生を防ぐ効果もある。
  3. 生理活性物質
    植物の体内におけるホルモンのような働きをする。
  4. 種子の発芽や生長を抑制する効果
  5. 汗のように精油を蒸発させて冷却する効果

日本アロマ環境協会の30種の精油

アロマテラピー検定アロマテラピーインストラクター試験・アロマセラピスト試験で出題される合計30種類の精油は、日本アロマ環境協会で、5%濃度(一部1%濃度)で使用するならばほぼ安全であると認められた使いやすい精油である。これ以外にも精油はあるが、まずは検定試験に出題される基本的な精油から学んで使用することが望ましい。

精油(エッセンシャルオイル)関連項目

精油一覧

イランイラン - オレンジ・スイート - ジュニパー - ゼラニウム - ティートリー - ペパーミント - ユーカリ - ラベンダー - レモン - ローズマリー
2級で出題される精油に加えて
カモミール・ローマン - クラリセージ - グレープフルーツ - サンダルウッド - スイートマージョラム - ネロリ - フランキンセンス(オリバナム/乳香) - ベルガモット - レモングラス - ローズオットー
2級・1級で出題される精油に加えて
カモミール・ジャーマン - サイプレス - ジャスミンアブソリュート - パチュリ - ブラックペッパー - ベチバー - ベンゾイン(安息香) - ミルラ(マー/没薬) - メリッサ(レモンバーム) - ローズアブソリュート
  • 種類別分類
科名 - 抽出部位 - 抽出方法 - ティスランドの分類

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加