ブラックペッパー

出典: 閾ペディアことのは

2007年8月27日 (月) 02:09時点における 松永英明 (会話 | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の一種。アロマテラピーインストラクター試験出題範囲。

基本情報

特徴

刺激作用により血行を促し、消化機能を整えて全身の活動力を高める。

発汗による全身の浄化や、スポーツ後の筋肉痛に役立つ。

強い香りを持つので、濃度には注意が必要。まれに皮膚刺激を引き起こすので、1%を上限とする。

ショップリンク

img10161187345.jpeg

精油一覧

イランイラン - オレンジ・スイート - ジュニパー - ゼラニウム - ティートリー - ペパーミント - ユーカリ - ラベンダー - レモン - ローズマリー
2級で出題される精油に加えて
カモミール・ローマン - クラリセージ - グレープフルーツ - サンダルウッド - スイートマージョラム - ネロリ - フランキンセンス(オリバナム/乳香) - ベルガモット - レモングラス - ローズオットー
2級・1級で出題される精油に加えて
カモミール・ジャーマン - サイプレス - ジャスミンアブソリュート - パチュリ - ブラックペッパー - ベチバー - ベンゾイン(安息香) - ミルラ(マー/没薬) - メリッサ(レモンバーム) - ローズアブソリュート
  • 種類別分類
科名 - 抽出部位 - 抽出方法 - ティスランドの分類

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加